占い師オーディションで合格するために気をつけること 対面占い師合格への道|占いの館ウィル

  • 占い師募集

占い師オーディションで合格するために気をつけること

募集会社の募集ホームページ上にある応募フォームから得意な占術、得意な相談内容、自己PR、これまでの活動経験などを記入し、ご応募し、書類審査、オーディションを無事通過すると、募集会社で採用という形となりますが、それでは募集会社のオーディションで採用されるために気をつけるべきことはあるのでしょうか。

まず1つ目に募集ホームページの募集フォームの入力内容に嘘を書かないことです。当然のことですが、使用する占術で、できないことをできると言ってはいけません。募集ホームページ上にある応募フォームの入力内容は募集会社のオーディションを行う際に重要な判断材料となるものなので、正直に書きましょう。

2つ目にオーディションでは話し方や相手に与える印象に気を配ることです。オーディションでは主に募集ホームページ上にある応募フォームかの入力内容を深く堀り下げることがあり、それと同時にその方の話し方や雰囲気も募集会社の採用担当者は見ています。これまでに募集会社のオーディションを受けて「相手の質問したことに対してしっかりと答えたはずなのに落ちてしまった。」などの経験をしたことのある方は多いと思います。それは占い師側の話し方が募集会社側に対して悪い印象を与えてしまった可能性があります。募集する側は、占いの実力とは別に占い師の発する言葉や態度で相談者にどのような印象を与えるのか、ちゃんと気を配っているのか判断しながらオーディションを進めていきます。また、オーディションでは募集会社の採用担当者や募集会社のスタッフを占います。もちろん占いの結果を当てることは当然ですが、その他にも占いで出した答えをうまく相談者に伝える伝達力はあるか、自分で出した答えを想像力を働かせて、自分自身の言葉に変えて相談者に対してうまく正確に伝える力があるか募集側は判断しています。その力は占い師には特に求められるもので、募集会社の採用担当者は占いの結果だけでなく、そのような伝える力を持っているか判断し、そして、募集会社の採用担当者は他にもコミュニケーション力が優れているかも判断します。コミュニケーション力とは、悩みをうまく相談者から聞き出す能力です。つまり、相談者の抱えている問題や悩みに対してアドバイスするというより、まずは相談者からじっくりと話を聞くことが大切です。相談者の悩みをしっかり聞き出し、受け止められたかどうかを、募集会社の採用担当者はオーディションを進めながら判断していきます。なぜなら、占いの結果がいくら当たっていてもこれらの能力が乏しい場合は今後リピーターがつかなくなってしまう可能性があるからです。そして、募集会社の採用担当者は、他にも癒やしの力があるかも判断材料の1つにしていることがあります。癒やしの力とは、相談者の心を優しく包み込み、相談者が占い師に対して悩みを相談し、心が癒されたと感じてもらう力です。これは元々持っている雰囲気や資質によるものなので、個人差が出る部分が大きいとは思いますが、悩みを抱えた相談者の心にそっと寄り添っていこうという姿勢だけは忘れてはいけません。そういった意識や心がけは占い師の出す言葉や雰囲気に必ず表れるものです。これは生まれ持った才能だと諦めずに、これからそういったことを努力して相談者と向き合っていくといいでしょう。募集会社の採用担当者はそのような点を踏まえつつ、オーディションを進めていきます。

オーディションでは当然、合格し、募集会社に採用されることが大切ですが、募集会社に合格することと、働くこととはイコールではありません。オーディションで合格するために気を付けるポイントを押さえながらも、自身の中でオーディションに合格する基準を持つことも大切な事です。

電話問い合わせ

▲PAGE TOP