合格する占い師に共通していること 対面占い師合格への道|占いの館ウィル

  • 占い師募集

合格する占い師に共通していること

占いの館ウィルでは随時対面占い師を募集しており、多くのご応募を頂いております。対面占い師希望の方は募集ホームページの応募フォームに入力頂いた情報を基に募集会社ではオーディションを行いますが、その際、色々な方がいらっしゃいます。相談者の話しをじっくり聞く方もいれば、話をちゃんと聞いているようでも、見当違いな答えを言う人、中には頭ごなしに説教をする方までいらっしゃいます。そういった方はお断りする形となりますが、募集会社側の考えと違い、占い師自身も、占いとは当てるものだと割り切って占いを行っているケースが多々あります。しかし、それは募集会社が求めている占いとは言えません。当たった、当たらなかったの占いで終わってしまっては意味がないのです。それは募集会社側が求めている占いではありませんし、それ以外の方法で悩みを抱えている相談者の問題を解決する方法を見つけられなければ、募集会社で採用されることは難しいでしょう。

それでは、どうすれば結果的に相談者の心を掴み、満足した気持ちにすることが出来て、募集会社に採用されるのでしょうか。それはまず、聞いたことに対して的確に答えることです。あまり余計なことは言わず、相談者が気が付かなかった事柄をしっかりと伝えてくれることです。聞かれたことに対してしっかりと答えるのは、基本的で単純なことですが、募集会社に応募し、オーディションを行っても、これらがちゃんと出来ている方は意外に少ないのが現状です。そういった方は鑑定終了後、話を聞いてもらって、その場ではすっきりした気持ちになっても、後になって問題が解決していなかったということはよくあることで、募集会社でもそのような方を採用することは難しいでしょう。

そして、良い結果も悪い結果でもちゃんと伝えることです。募集会社でのオーディションの際、相談者の気持ちを上げようと話をする方がいらっしゃいます。それはそれで、相談者を喜ばせようとする気持ちでやっており良いこととは思いますが、あえて言いにくいような悪い結果でもしっかりと丁寧に相談者に伝えられる方は募集会社にとっても貴重な存在です。なぜなら悩みの原因の多くは矛盾からきているケースが多いからです。募集会社で求めている占いは、次のステップに進むために、心の矛盾を指摘しなければなりません。だからこそ、悪い結果でもしっかりと伝えなければならないのです。募集会社でもそういった方は貴重な存在となるため、オーディションを合格できる可能性が高くなります。

そして、次に心の問題点の理由をしっかりと説明することです。心の矛盾が判明できたら、その理由をはっきりと説明しなければいけません。そうしない限り、相談者の悩みは根本から解決できません。その心の矛盾をはっきりと指摘出来る占い師は募集会社では大変貴重な存在なのです。

電話問い合わせ

▲PAGE TOP